LOG IN

少し考え方が変わった件

SNSで、愚痴を書かない、ネガティブなことを書かない等ポジティブシンキングな方向性を求める風潮があります。自分もこれに同調していたわけですが、なんかモヤモヤしてたんすよね。人間の感情には喜怒哀楽があるわけです。それを無理に抑制する方に無理がある。読む、見る自由もある反面、書く、表現する自由もある。誰に表現するわけでもなく、思いを形に表

縦書きで、何をしよう

縦書きができるようになった。これは、画期的だ。しかし、何を書こうか。そうだ・・・。ぼんじり 二一〇円やきとり 一八〇円かしら 一八〇円お品書きにピッタリじゃないか。未熟なワタクシには、使い所に困る。うーん。うーーーん。おかしいな。書いたことが、キチンと反映されない。

名もなき花を踏みつけない

ネットの発達によって、より多くの人が多くの表現ができるようになりました。 それはそれで良いことだよね。 自分を表現する。その裏には承認欲求も少なからず存在する。 それがモチベーションにつながったりするわけだけど。 で。 承認欲求が強すぎると、厄介だよね。 SNSなんか見てられない。 自己顕示欲と承認欲求の渦。 個人的には、キツいっす。 上から目線

Xandria

それはiTunesが教えてくれた Kmelotばかり聴くので、「あなたにおすすめ」で登場したのが、「Xandria」 ふーん。と思って、聴いてみるか。と軽い気持ちで聴いて、ガッツリやられた。 シンフォニックメタル。 個人的、どストライク。 日本語で書くなら「キサンドリア」 それから色々と気になって調べたの。 iTunesではなぜか日本語表記が「サンドリア」 Google先生で調べて

自由と閉塞感

もやもやと、タイトルの言葉を感じるのです。 ハロウィンの仮装なんか見てると、自由を謳歌してるし。 例の「#自殺募集」の事件を見てると、閉塞感も感じる。 何事も表裏一体なんだけれどね。 なーんか、言いようのないもやもやを感じる。 人間の歴史って、どんな時代でも同じなんだろうけど。 見方によっては、嘘と欺瞞の歴史なんだろうなぁ。 疎外感を感じる