LOG IN

作業中に聴きたい歌謡曲 2

by Gazirow

作業中に聴きたい歌謡曲 2

年末に更新しました『作業中に聴きたい歌謡曲』が思いの外、反響がありました。
筆者もいつのまにか40代となり、古い曲の歌詞が不意に心に沁みることが多くなりました。そんな時は心の中で「あゝ日本人なんだな。」と思います(笑)
さてさて、今回も調子に乗ってみましょう。


ヘドバとダビデ - ナオミの夢

酔うと時々親父が口ずさんでおりました(笑)要所々々でのティンパニが印象的です。


ビリー・バンバン - さよならをするために

いいちこが良く合います。


心のこり - 細川たかし

髪の毛は気にしないでください。


かまやつひろし - 我が良き友よ

歌詞が年を追うごとに理解できるようになりました。


北の宿から - 都はるみ

幼稚園児の当時、お風呂で母親と一緒に歌った記憶があります(笑)


清水健太郎 - 失恋レストラン

床屋さんにポスターが貼ってあった記憶がなぜかあります。


平尾昌晃、畑中葉子 - カナダからの手紙

平尾先生が揺れ過ぎ。そう思ってました。


ジュディ・オング - 魅せられて

好きな男の腕の中でも、違う男の夢を見る・・・のですよ。
歌詞の意味もわからずに、子どもの頃にみんなで歌ってましたねwww


千 昌夫 - 北国の春

最近の歌い方はアレンジが多すぎで、聴きにくいっす。


うーん。80年代に辿り着かない。。。選曲も王道ばかりのような。。。
あ、アイドルも無いぞ・・・。
まだまだ続くということで。


Gazirow
OTHER SNAPS